任天堂さん、「レトロゲーム専用ゲーム機」を作ってくれませんか


言いたいことは上の絵でだいたい言いつくしてるので、以下は補足・蛇足です。

クラシックコンソールミニ(仮称)

  • 昨年発売された「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」はとても楽しかった。
    • 次はスーパーファミコン版の「ニンテンドークラシックミニ」が発売されるという噂もある。
    • とはいえ、単一機種の厳選された30タイトルしか遊べないというのは何だかもったいない
    • どうせなら色々な機種のソフトが遊べて、追加購入もできる新たなゲーム機にすれば、ユーザーが長く楽しめる製品となり、持続可能なビジネスにもなるのではないか。
  • スターターキットには、スーパーファミコンタイプのガワが付属。
    • あくまで「ガワ」で、無くてもプレイに支障はない。
    • それ以外の機種タイプのガワは別売りで、それぞれの機種の名作タイトルがダウンロードできるクーポンが付いている。
  • ソフトはWi-Fiでダウンロードして追加することができる。
    • 容量が足りなくなったら削除し、後で再ダウンロードが可能。
    • セーブデータはSDカードに暗号化されて保存。PCでバックアップ可能。
  • 個々のソフトは、例えばクラシックコンソールミニ版・Switch版ともに500円で、両方買うと700円(WIi U版と3DS版の『スマッシュブラザーズ』のDLCのようなイメージ)。
  • コントローラーはBluetooth接続で、公式にはスーパーファミコン型だけを販売(本体に一つ付属)。
  • WiiWii U→Switchと、世代が変わるごとに同じバーチャルコンソールタイトルを買い直し続けるのは、ユーザーとしては正直しんどい
    • このクラシックコンソールミニ用にソフトを一度購入すれば、任天堂主力ゲーム機の世代交代とは無関係にずっとレトロゲームを楽しむことができる
    • ただし、任天堂主力ゲーム機の世代交代を経てもなおクラシックコンソールミニがビジネスとして継続していなければ、従来のバーチャルコンソールと大差ないモノになってしまう。

要は「カートリッジの吸い出しができないレトロフリーク」のようなイメージです。任天堂さん、いかがなもんでしょうか。

ハイラルの住民票が欲しくなる『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

任天堂Wii UNintendo Switch■2017年3月3日■ アクションアドベンチャー■6,980円(税別)■★★★★★
1986年から続く、任天堂の人気シリーズ最新作。広大な世界を旅して数多くの魔物と戦い、各土地に住む人々と出会いながら、魔王ガノンの討伐を目指す。オープンワールドが採用され、かつてない自由度の高さが実現された。Nintendo Switchのローンチタイトルであり、任天堂最後のWii Uタイトルでもある。

公式サイト

以前「ゲームセンターCX」で有野課長が『超魔界村』(1991年)をクリアした時、有野さんは「僕は魔界村の住民票はいりません」という言葉で番組を締めた。それ以来、私はゲームの面白さとはまた別に「住民票が欲しくなるかどうか」を考えるようになった。特にオープンワールド型のゲームでは「住んでみたいかどうか」は重要な指標ではないかと思う。

続きを読む

『スーパーマリオラン』を機に「優良な有料ゲームアプリ」がもっと増えてほしい


iPhone 7の発表と同時に公開された『スーパーマリオラン』が、12月15日に1,200円で発売されることが発表となった。一部のプレイが無料、1,200円を支払うとすべての内容がプレイできるという。

最初の印象では、1,200円は高いと感じた。というのは、任天堂さんは『スーパーマリオラン』を「Nintendo Switch3DSといった“本業”のセールスを促すための戦略製品」として考えてるんだろうな、と勝手に解釈していたからだ。せいぜい360円ぐらいで販売して、「もっと面白いマリオはNintendo Switch3DSにありますよ」と橋渡しする、ある意味「トロイの木馬」みたいな役割。

でも、今回の発表を見る限りでは、少なくとも『スーパーマリオラン』はそうではなく、「1,200円分の価値のあるアプリを1,200円で販売して利益を出す」つもりで任天堂が制作・販売するゲームソフトなんだと思う。「任天堂レベルの企業」が「高いクオリティーの買い切りアプリ」を「それ以外の課金要素いっさいなし」で販売するとしたら、1,200円は妥当な価格だと言っていいんじゃないだろうか。プレイしてみないとわかんないですが。

むしろ、有料ゲームアプリ市場が相当落ち込んでいる現在、この『スーパーマリオラン』を機に「クオリティーの高い、買い切りタイプの有料ゲームアプリ」がもっと増えてくれたらいいのになあ、と切実に思う。
私は、たとえば『Downwell』のような優れた有料ゲームアプリが他に存在するなら、ぜひ購入したいと思っている。でも、少なくとも現時点ではそれを見つけるのはかなり難しいし、有料ゲームアプリを開発する側も現在の状況では躊躇せざるを得ないんだろうと思う。

アップルさんのApp Storeの「おすすめ新着ゲーム」はいつも参考にさせていただいてるけど、「無料ゲームアプリ」と「買い切りの有料ゲームアプリ」を混在させず、明確に分けて紹介してもらうことはできないもんでしょうか。

たとえばニンテンドー3DSソフトの公式ページみたいな体裁で、「おすすめの有料ゲームアプリ」のリストをアップルさんが公式に運営・更新してくれたら非常に有難いんだけど、やっぱり無理っすかね。



関連リンク:

スーパーマリオ ラン | 任天堂

品薄続く『ニンテンドークラシックミニ』、一方アメリカでは……

任天堂の最新の英知を結集したはずのWii Uが最近あんな感じで、その一方ではこの究極の思い出物件『ニンテンドークラシックミニ』の方がよほど世間の耳目を集めている、というのが皮肉というか、さすがは任天堂さんというか……。

続きを読む

Wii Uよ、引退する前に「旧WiiソフトのGamePad単体プレイ」を実現してはくれまいか

Wii Uの生産が終了するという報道があった。任天堂さんは否定されているとはいえ、ニンテンドースイッチの発売時期を考えれば妥当なタイミングにも思えるし、Wii Uの現状をかんがみれば「遅かれ早かれ」の6文字が脳裏に浮かばざるを得ない。
それはそれとして、Wii Uの引退前にぜひ任天堂さんにお願いしたいことがある。何とかして「WiiソフトのGamePad単体プレイ」を実現していただけないもんでしょうか。

もちろん現時点でも旧WiiソフトはWii Uでもプレイできる。でも「Wiiリモコンがなければ操作できない」という致命的な制約が存在する。GamePadで旧Wiiソフトをプレイする場合は、公式サイトの言葉を借りると「テレビの代わりとしてお使いいただく」ことになる。テーブルにGamePadを置いて、その前でWiiリモコンとかヌンチャクとかを持ってプレイするのである。せっかくGamePadには任天堂クオリティの十字キーやらアナログスティックやらが付いているというのに。

GamePad単体で旧Wiiソフトをプレイするにあたって、最大のネックは「Wiiリモコンポインティングデバイスとして使うソフトでは、画面をポイントできない」こと。でも、画面上に「仮想ポインタ」をオーバーレイ表示してGamePadのスティックやタッチパネルで操作することで、Wiiリモコンで画面をポイントする操作のかわりになるはず。って、任天堂社内ではとうの昔に検討されていることだとは思いますけども、まあ聞いてください。

「仮想ポインタ」はGamePadのRスティックまたはタッチパネルで操作。画面外をポイントする操作も用意。旧WiiではWiiリモコンとヌンチャクで合計ふたつ存在する加速度センサーは、GamePadのLスティックボタンで切り替えて使う(ジャイロセンサーはヌンチャクには入っていないので切り替えなくていいはず)。

任天堂社内はもうニンテンドースイッチのことで大わらわだろうとは思うけど、Wii Uディスコンになる前に一応書かせていただいた。
これまでの任天堂さんの後方互換に関する手法からすると、こういう「前世代のハード環境にソフトウェアのレイヤーを乗っける」みたいなのは論外だし、だからこそ極めて高い互換性が担保されているんだとは思う。もしWiiリモコンの「仮想ポインタ」みたいな仕組みが無理なら、せめてGamePadに付いているスティックやボタンをクラシックコントローラの代わりに使えるようにしてはもらえないでしょうか。

任天堂、次世代機「ニンテンドースイッチ」で「2画面主義」から決別か

ついに任天堂さんが次世代機・NX(仮称)こと「ニンテンドースイッチ」を正式に発表しました。

「バッテリー内蔵の液晶タブレット的な本体」+「ドック(テレビに接続されている)」+「本体にはめ込んでも、あるいは外しても使える、左右セパレート型のゲームコントローラ」が、「ニンテンドースイッチ」の基本的な構成のようです。液晶付きゲームパッドがある種のダム端末だったWii Uとはまったく異なります。
公開された映像は、ひとりで家の中でプレイしてからそのまま外へ持ち出したり、一台あるいは複数台の本体を持ち寄ってプレイしたり(左右のコントローラは90度傾けてそれぞれ一台のコントローラとして使える模様)、さらには大規模なゲーム大会で選手が自分の(コントローラではなく)本体を持参してクレイドルにセットしてプレイしたり……といった、これまでの据え置き機とは一線を画した内容となっていました。

ちょっと意外だったのは、この液晶タブレット風の本体をドックに設置すると「液晶が隠れて見えなくなる」という点です。2006年のニンテンドーDSから始まって、ニンテンドー3DS、そしてWii Uに至るまで「画面がふたつあること」にこだわりを持っていた任天堂さんですが、この次世代機では「テレビにつないでいる時は本体の液晶を使わない」という構成になっていると思われます。正直言ってWii Uの「テレビ画面+ゲームパッドの画面」の2画面構成がゲーム性に画期的な変革をもたらした……とは言いづらいですし、「据え置き機の画面をふたつでなく一つにする」というのはある意味では英断なのではないかと思われます。もし2012年の時点でこの「ニンテンドースイッチ」が登場していたら……などと思わなくもないですが。

この液晶一体型の本体にタッチパネルが付いているかどうか、あるいはドックにGPUが内蔵されているかどうか……など、まだまだわからないことも多々あるのですが、「この液晶タブレット風の本体に、ゲーム以外の使い道はあるのか」も気になるところです。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 全30本のタイトル&キャッチコピー

北米版に続いて、日本版『ニンテンドークラシックミニ』が発表されました。相撲版『ファミリースタジアム』こと『つっぱり大相撲』が収録されていたり、テクノスジャパン作品が3本も収録されていたり、「ゲームセンターCX」の第1回で挑戦ソフトとなった『アトランチスの謎』が収録されていたりと、アメリカとは一味違う日本ならではのチョイスになっているようです。
YouTubeで公開されているプロモーション映像では、全30本それぞれの内容を見事に要約した絶妙なキャッチコピーが付いているのですが、このコピーが公式サイトでは使われていないようなので書き起こしてみました。

1983年(2タイトル)

とらわれたレディーを救えるか『ドンキーコング
1983/7/15 任天堂

ふたりで遊べる『マリオブラザーズ
1983/9/9 任天堂


1984年(2タイトル)

クッキーを食べつくせ『パックマン
1984/11/2 ナムコ

ベストタイムで走り抜け『エキサイトバイク
1984/11/30 任天堂


1985年(5タイトル)

割って割られて風船バトル『バルーンファイト
1985/1/22 任天堂

雪山の頂上を目指せ『アイスクライマー
1985/1/30 任天堂

敵の大群を撃破せよ『ギャラガ
1985/2/15 ナムコ

カンフーで平和を取り戻せ『イー・アル・カンフー
1985/4/23 KONAMI

さらわれたピーチ姫を救え『スーパーマリオブラザーズ
1985/9/13 任天堂


1986年(7タイトル)

リンクのはじまりの物語『ゼルダの伝説
1986/2/21 任天堂

謎だらけの島を冒険せよ『アトランチスの謎
1986/4/17 サンソフト

パワーアップして撃ちまくれ『グラディウス
1986/4/25 KONAMI

この難しさに耐えられるか『魔界村
1986/6/13 カプコン

パズルを解いて迷宮を進め『ソロモンの鍵
1986/7/30 テクモ

サムスの戦いが幕を開ける『メトロイド
1986/8/6 任天堂

再び目覚める悪魔たち『悪魔城ドラキュラ
1986/9/26 KONAMI


1987年(2タイトル)

リンクと新たな冒険へ『リンクの冒険
1987/1/14 任天堂

目指せ未来の大横綱つっぱり大相撲
1987/9/18 テクモ


1988年(3タイトル)

今度はマリオが七変化『スーパーマリオブラザーズ3
1988/10/23 任天堂

ドラマチック忍者アクション『忍者龍剣伝
1988/12/9 テクモ

悪の野望を打ち砕け『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』
1988/12/24 カプコン


1989年(2タイトル)

「くにお」と「りき」が大暴れ『ダウンタウン熱血物語
1989/4/25 テクノスジャパン

双截拳でなぎ倒せ『ダブルドラゴンⅡ ザ・リベンジ』
1989/12/22 テクノスジャパン


1990年(4タイトル)

最強闘士vsエイリアン『スーパー魂斗羅
1990/2/2 KONAMI

ジョブチェンジで強くなる『ファイナルファンタジーⅢ』
1990/4/27 スクウェア

カプセル積んでウイルス退治『ドクターマリオ
1990/7/27 任天堂

運動会でも大暴れ『ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会』
1990/10/12 テクノスジャパン


1991年(1タイトル)

マリオと一緒に本格ゴルフ『マリオオープンゴルフ
1991/9/20 任天堂


1992年(1タイトル)

引っこ抜いたら敵にぶつけろ『スーパーマリオUSA
1992/9/14 任天堂


1993年(1タイトル)

飛んで吸ってコピーして『星のカービィ 夢の泉の物語
1993/3/23 任天堂



関連リンク:
ファミコンが、手のひらサイズで”再”登場! | トピックス | Nintendo
Amazon.co.jp: ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ| ゲーム